日帰りで出来るレーシック手術

日帰りで出来るレーシック手術


日帰りで出来るレーシック手術
レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。
ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。 レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。





日帰りで出来るレーシック手術ブログ:09月20日

お子さんがどうして近視になるのかというと、
それは脂肪不足に原因がある。

視力を向上させていくためには
ビタミンAが有効なのだが、
このビタミンAは脂溶性なので、
肉体内の脂肪が不足すると、
それにつられてビタミンA不足に陥って、
近視になってしまうのである。

お子さんは脳を発達させるために、
脂肪を優先的に脳に回すので、
ご飯において脂肪が少ないと、
途端に脂肪不足に陥ることになる。

たとえ脂肪を摂取しても、
お子さんのおやつにスナック菓子を与えていると、
脂肪の吸収を阻害してしまい、
脂肪を取っている筈なのに脂肪不足になる。

スナック菓子を食べるお子さんほど
近視になっていることが多いが、
これはスナック菓子のために
脂肪の吸収が阻害されたからなのである。

また
視力は四六時中使用されるので、当然疲労する。
その疲労を取るのが、ビタミンB2なのだが、
このビタミンB2の天敵は、実は水である。

お子さんが喉が乾いたからといって
水を飲み過ぎていると、
肉体内のビタミンB2が奪われて、
視力が低下してしまう。

この手のお子さんは元気がないものだが、
水をガブ飲みしているから、
肉体内にビタミンB2が決定的に不足しているのである。

お子さんの目というのは、実はストレスに非常に弱い。
冷たい飲み物を飲み過ぎていると、
肉体にストレスがかかり、腎臓が傷んでしまう。

お子さんに飲み物を与える時は
絶対に冷蔵庫で冷やした物を与えるのではなく、
常温の物を出すか、温めた物を出すようにすべきなのである。

精神的なストレスでは、
「強圧的な親子関係」が
お子さんの腎臓を傷めてしまい、
視力を下げてしまうことになる。

実際、近視になるお子さんの多くは、
お母さんがあれやこれやと非常にうるさいケースが少なくない。
日帰りで出来るレーシック手術

日帰りで出来るレーシック手術

★メニュー

まだまだ新しい技術のレーシック
割引制度を利用してレーシック手術
レーシックはどのように行われるのか
レーシックの安全性は非常に高い
手術なので確実に成功するとは限らない
何よりもクリニックのサポート体制に注目
レーシック治療の実績数は要チェック
これからは裸眼で快適に生活
日帰りで出来るレーシック手術
事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックの全てを知っているつもり