まだまだ新しい技術のレーシック

まだまだ新しい技術のレーシック


まだまだ新しい技術のレーシック
レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。
テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。 日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。





まだまだ新しい技術のレーシックブログ:11月22日

果物を利用したダイエット法って、
色々とありますよね。

一種類の果物だけを食べるダイエット法ではなく、
果物全般を食べるようにしていけば、
飽きる事なく継続することができると思います。

みなさんも、小腹が空いた時やおやつの時間などに、
お菓子をつまむのではなく、
果物を食べるようにしてみてはいかがでしょうか?

果物って、甘い割にカロリーは低いんですよね。
それに、水分を多く含んでいるので、
少しの量でも腹が満足します。

さらに、果物には食物繊維も多く含まれていますし、
利尿作用のあるカリウムや
脂質燃焼を促すビタミン群も多く含まれています。

このように果物には、
様々な栄養素が含まれていますから、
お菓子やチーズケーキなどを食べるのであれば、
果物を食べた方が、
ダイエットにも体にも良いですよね。

だからといって、食べ過ぎては意味がありません。
カロリーが低いといわれている食べ物であっても、
食べ過ぎては太ってしまいますから…

なので、
食べる量と食べる時間を考えて、
果物を摂取するようにしましょう!

食べる時間としては、
やはりあさ食に食べるのが一番良いみたいです。

なぜかといいますと、
果物には果糖が含まれていますので、
摂取し過ぎると中性脂肪になりやすくなってしまいます。
でも、果物をあさに食べて、
24時間の生活によって消費されれば何の問題もありません。

午後でも、大量に食べなければ大丈夫でしょう。
しかし、19時に果物を食べるのは控えた方が無難です。

もちろん、食べてはいけないわけではありませんが、
食べるのであれば寝る前ではなく、
寝る2時間~三時間前に食べるようにしましょう!

まだまだ新しい技術のレーシック

まだまだ新しい技術のレーシック

★メニュー

まだまだ新しい技術のレーシック
割引制度を利用してレーシック手術
レーシックはどのように行われるのか
レーシックの安全性は非常に高い
手術なので確実に成功するとは限らない
何よりもクリニックのサポート体制に注目
レーシック治療の実績数は要チェック
これからは裸眼で快適に生活
日帰りで出来るレーシック手術
事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックの全てを知っているつもり